我が家の男性にはビオフェルミン

我が家の男性陣(といっても主人しかいませんが)はお腹がゆるいのが特徴です。
ていうか、男の人って大体、お腹が弱いですよね。胃腸が弱いというか。

主人も胃下垂で、痩せ体質、そしてお腹が緩くて食べてすぐに出るという女性から見ると羨ましい体質をしています。
そんな主人が最近手を出しているのがこちら。

KIMG0591

ビオフェルミンです。
いかにも体に優しいって感じですよね。
食事した後にはしっかり飲んでいます。

一時期、凄くおなかの調子が悪くて、急性胃腸炎と診断されてから、医者には通っていない主人。
どうして男の人って(特に若いと)病院嫌いなんだろう?ウチの主人だけかしら。
とにかく病院に行きません。
アレルギーも多少持っているので、薬の合う合わないもあるみたいなんですが・・・。

今はちょっと落ち着いていて、ビオフェルミンで抑えられるような感じです。

しっかーし。
その前はインフルエンザ、ヘルニア持ち、そろそろ自分の体を大切にして欲しいものです。
私なんて病院に遊びに行ってるようなものですからねー。

お腹が緩くても弱くても肉好きなのは変わらないのが主人です。
今日は土曜日なんですよね。主人は土日祝日休みのサラリーマン。
なので、今日は焼肉でもしたいなぁ・・・と思ったりしています。

ちなみに娘も肉食女子です。
肉ばっかり先に食べて、ごはんを最後に残すという。
しかも食べ方が面白くてご飯の上におかずを置いて食べるというスタイルです。

何はともあれ、病気しないことが一番。健康一番!
主人も早く病院に行って一度ちゃんと見てもらった方がいいと思うんですけど・・・。

ちなみに私は体が頑丈なのか、風邪気味でも平気だし、多少の熱も平気です。
一応家にはストックとして葛根湯(主人はこれだけは飲む)、イブ、ロキソニン、皮膚が腫れたときに使う軟膏、
などなど用意していますが・・・。
あまり使われることはありません。葛根湯以外(笑)。

今はもっぱらビオフェルミンが活躍しています。

ということで、今回はビオフェルミンのお話でした。

 

Recent Entries

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>